スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク | - | | - | - |

重そう

ぺたんと座って一人遊びしている息子を見て、毎日思うこと。

「お、また頭でかくなったな」

着替えの時にトコトコ歩き出して、遠くからハダカを見たりすると本当にビックリするくらい頭が大きい。
いいのだろうか。

息子は眠くなるとよく頭をガリガリ引っかいているが、あれは急速にのびた頭皮が引っぱられてかゆいんじゃないかと思う。
起き抜けに、布団にズルズル顔つけてハイハイしていることもあるけど、重くて上がらないんだろうなあ。

寝てるあいだにドンドンっと頭がでかくなるんだろうなあ。
mimula | あかちゃん観察日記 | 16:00 | comments(5) | trackbacks(0) |

おるすばんの夜

連続投稿。
だってヒマなのだ。
またオトウチャンは出張で遠くに行ってしまった。

6月に連続3日間も留守にされた時は本当にクタクタになったが、今はもうけっこう大丈夫だ。
息子は父がいないのが寂しいらしくて少し神経質。だけれども、母はもうあの時の母ではない。
外遊びの場所もいっぱい知ったし。
息子がナーヴァスな時はもう家事とか用事とかスッパリあきらめるし

というわけでうちの中がめちゃくちゃだけど、ゆっくり遊び相手になって、時々撫でたりさすったりしてやっていれば、息子はそんなにストレスをためないようだ。
このままいってくれ。明日もがんばるぞ、息子よ。

さっき息子が背伸びしながらテーブルの上を手探りして、ヨーグルトのコップをじゅうたんに落としてくれた。おかげで部屋のなかがすごい匂いだけど、あまり気にしないで寝ることにする。
mimula | あかちゃん観察日記 | 06:41 | comments(4) | trackbacks(0) |

おんまの親子

「眉を横たえ冷ややかに千夫の指に対す
首を俯し甘んじて孺子の牛となる」

これは魯迅の詩の一節。
「しかし、わが子を背中に乗せて遊ぶのは、楽しいんだもんニャ〜。」
魯迅先生があの顔でそんなことを言っていたら笑える。

息子は最近どんどん会話が理解できるようになってきて、言葉はまだ言えないのだが、コミュニケーションはかなりできる。
「きょう、公園、たのしかった?」と聞くと
「うぅ!」ニッコリ笑う。
口からはダレーっとよだれの糸。

「きょう、お馬さんごっこ、楽しかったね」
「うぅう!」
ダラー。

「きょう、プール、たのしかった?」
「うえあぅ!」
ダラダラー。

そして、ちょっと早めに散歩を切り上げた日。
「きょう、お散歩たのしかった?」
「・・・・・・」(手元のおもちゃに目を落とす。ヨダレは出ない)


こうなってくると、両親はもう、子どもの争奪戦です。
きそって外に連れ出し、きそって遊び相手になり、そして聞く。
「きょう、たのしかった?」
「うう!」という笑顔がほしいばっかりに。

まあ、それでなくても、子どもを背中に乗せて遊ぶのは楽しいにゃー。
背中をバシバシ叩いてくれるので、肩こりもほぐれるのよ。
mimula | あかちゃん観察日記 | 06:27 | comments(0) | trackbacks(0) |

「ママ」

息子が決定的に「ママ」と言うようになった。

以前から「マンマ」とか「おっくわぁ」とか、母を呼びたげな時はあったのだが、今のはもう違う。はっきり言葉として言っている感じ。

原因はわからない。うちでは、おかあちゃんとかかあちゃんと言っている。
でも、街に出ればよその子がみんな「ママ」と言うのを聞いてるわけだし、彼は「なんで僕だけそんな難しい発音しないといけないのだろう」と思っていたかもしれない。
あるいは、「ママ」とためしに言ってみたら私がすっとんで来るので、おもしろかったのかもしれない。

先日、乳母車で外出したときのこと。
「ママ」というので、何かほしいのかと思ったが、べつに水もおやつもいらないらしい。
「まめぼう」と返事すると、にっこり笑う。
「ママ」
「まめぼう」
「ママ」
「まめぼう」
「ママ」
「まめぼう」
「ママ」
「まめぼう」


まめぼうよ、母がどんなに嬉しかったか、君にわかるだろうかね。


さて、次は、君の本名を覚えてもらわないといけなくなったなあ。
ごめんよ、何かとハードル高くて。
mimula | あかちゃん観察日記 | 20:53 | comments(6) | trackbacks(0) |

鼻から牛乳

何気なくコップを口にあて、コップをかたむけ、飲み物を受け、それを飲み干しながらコップを口から離す。
または、飲み続けながらコップの角度を調整し、口からもれないよう維持する。

なんてことない日常の動作に、ニンゲンの脳は深甚なる計算をしている。
しかも、その計算に従って身体の各部を同時平行で動かす。

すごいのである。実は。

そのすごいことを息子が獲得するまで、我が家は牛乳くさくなりつづけるであろう。じゅうたんのシミも増え続け、かあちゃんは衣類をシミヌキし続け、息子のあたまからはプーンと牛乳のにほひ。
mimula | あかちゃん観察日記 | 20:27 | comments(2) | trackbacks(0) |

あいあう

あれこれ言って結局やめない。都はるみのようなブログへようこそ!(ⓒちえぞうさん)

えーそういうわけで、日本は暑いみたいですね。でもドイツは寒いです。そう、本当に寒いんです。
先週は36度くらいあったってのに、今日の最高気温25度。最低14度。

それはちょっとなあ

思わず天に唾したくなるくらいの滅茶苦茶な天気。
しかも、朝がた冷え込んでいても、昼にひなたに出るとやっぱり汗ばむ。
なのに30分後には夕立がきてまたグッと冷え込む。

それはどうかと思うよ

今日の散歩、私はスウェットのパーカを着てました。息子は長袖のタートルネックにジーパン、さらにベスト。もちろん靴下は必須。ベビーカーで寝たら厚手のタオルをかけてやりました。
でも、親子ともどもお腹にグッときております。冷えが。

あ、関係ないですけど最近息子が「あいあう」(ありがとう)とか「うわうわ」(わんわん)「ええ」(お目目)とか少しずつ人語に近いものを発し始めました。まだ親以外には意味不明ですが。
ひとり立ち、ひとり歩きはほんのタマーにやって見せてくれます。

歩けるようになるのが楽しみなような。
いや、まだまだ歩いてほしくないような。
なるべくあせらずに、ゆっくりと成長してほしい今日この頃です。
mimula | あかちゃん観察日記 | 08:23 | comments(4) | trackbacks(0) |

大丈夫なのか?

あっさりと前言を撤回して、ふつうの日記です。

今日は息子の予防接種でした。いつもの小児科医なんだけど、夫もヒマそうにしてたので3人で一緒に行くことに。
いつもアホボケカスと滅茶苦茶言われてる夫ですが、いてもらうとやはりそれはそれで有り難かったです。

接種前の問診。「健康ですか?」
「えーと昨日3回ゲリしてました。そして先週から咳をよくします」
「・・・・・・」
先生、あっちこっち診た結果、OKってことらしく注射をブス〜。

接種後の相談。
「あのー来週からクロアチアの海辺に旅行しようと思ってるんですけど、もし熱とか出たら旅行は中止ですよね」
「いえ、別に中止しなくてもいいです」
「はあ」
「いつもの解熱剤を持っていったらいいです。39度超えたらそれ投与。あとは普通にしててください。どうしても心配なことになったらまた旅行前に来てください」
「・・・・・・」
今度はこっちが黙る番です。先生、いつもながら、大胆なはげましをありがとう・・・。
「それでわたしは××で日本人が○○で。あれって今日だったかな」
「は?」
全然聞き取れませんでした。
ところが夫が答えていやがるではないか。
「広島が6日で長崎が9日です」
い、いつのまにそういう話に?!

帰り道夫に聞くと、「先生、テレビで原爆の番組見たって言ってたよ」とのこと。
はあ〜、そうなのか。

今までの健診とか予防接種って、きちんと会話になってたのかなあ・・・。
mimula | あかちゃん観察日記 | 07:01 | comments(0) | trackbacks(0) |

育児バトン2

Q1・お子さんは何歳?(何ヶ月?)性別は?

1才。陽性。


Q2・生まれたときの感想。

世界が真っ白になりました。
一度死んで生まれ変わったらこうなるのだろうかというくらい、気持ちよかった。

Q3・うちの子は、ココが一番ってとこは?

意思が強いところ。

もし長じてもこの強情、この意地っ張りが続いているのならば、君はきっと人より苦労するだろう。しなくてもいい衝突もするだろうし、周囲との摩擦に疲れ、傷つくこともあるだろう。人に笑われることもあるだろう。
けれど、その痩せ我慢、その意地は、いつか君に大きな船を作らせるはずだ。
君はその船で航海するのだ。ばんざい。

Q4、将来どんな子に育って欲しい?

想像つきません。
なるようになるでしょう。
人をいじめたり怪我させたりしないよう、落ち着いた人になってくれればうれしいけれど。


では、3回目はまたのちほど。
mimula | あかちゃん観察日記 | 08:06 | comments(1) | trackbacks(0) |

音の出る絵本

知人が日本から持ってきてくれたのだが、某巨大おこさま衣類メーカー製の「音のでるおでかけえほん のりもの」というのがウチにある。

「あっ きゅうきゅうしゃだ。けがをしたひとや びょうきのひとを たすけにいくんだね」で、熊さんが乗ってる救急車の絵。
そしてボタンを押すと「ぴーぽーぴーぽー」音がなる。

ほかに、「パトカー」「ブルドーザー」「しんかんせん」「バス」など。

母の趣味としてはブルドーザーなんてイイと思うが、そこは赤ん坊の浅はかさ、パトカーや救急車のようなはっきりした音が好きらしい。

やたらめったら押してる。
「ぴーぽーぴーぽー」(救急車) ・・・「ふぁんふぁんふぁん」(パトカー)
 ・・・「ふぁーーーーーん」(新幹線) ・・・「ぷうぷう。ごおーっ」(バス)

まるで、2時間ドラマの効果音。うちの中が土曜ワイド劇場になってしまう。

mimula | あかちゃん観察日記 | 07:16 | comments(4) | trackbacks(0) |

本日の速報

豆坊や歩く
本日午後6時ごろ、豆坊やこと×××君(1歳1ヶ月)は、支えなしの完全な一人歩きに成功しました。×君の父親によると、「遊んでやっているうちにつかまっていたソファから手を離してこちらに歩いてきた」とのこと。母親のA子さんは夕食の支度をしており、現場にかけつけた時には×君はしりもちをついていたとのことです。


豆坊や対人関係を学習中
きょう午前、豆坊やこと×君はプレイグループに参加し、11時ごろ他家の女の子(2歳)と遊んでいる際、自分から微笑みかけて手を女の子の手に伸ばしたと見られています。母親の話を聞きました。
「ここ一ヶ月ほど、よその子の顔をひっかかなくなったようです。私の顔はあいかわらず叩いてくるので、偶然かもしれませんが」


豆坊や言葉の理解すすむ
本日夜の寝かしつけにおいて、人形をもてあそびながら母親A子さんに顔や手などの名前を尋ねていた×君は、いつものように人形を布団の下に隠したり出したりしていましたが、母親A子さんの「お人形、こっちにちょうだい」の指示を聞くと突然激しく泣き出しました。泣いていやがるそぶりをしながら、ゆっくりと人形を布団から出し、母親の手にわたしたとA子さんが証言しています。
×君がなぜ激しく泣いたのか理由は詳しくわかっていませんが、関係者はこれを×君の言語理解が進んだものとみて経過を見守ってゆくとのことです。


豆坊やタイヤ食いちぎる
きょう午後4時半ごろ、買い物に出た母親A子さんが×君にミニカーの消防自動車を手渡したところ、スーパーにいる十分程度のうちに×君はミニカーのタイヤを噛み切ってしまった模様。ミニカーはA子さんが中古品を購入したもので、購入時すでにいたみが見られたとのことですが、関係者は×君に歯がためのおもちゃを与えることを検討中です。
mimula | あかちゃん観察日記 | 06:06 | comments(4) | trackbacks(0) |
1/15PAGES | >> |

05
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
PR
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
OTHERS