<< 「ママ」 | top | おんまの親子 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク | - | | - | - |

旅する1歳児

今日クラベルグルッペで、「え、まだパリ行ってないの?行けばいいじゃん!すぐだよ!」と言われた。

パ、おパリですか?!列車で4時間もかかるよ?!

ワタクシ妊娠中に動きすぎてイタイ目にあって以来、なかなかの怖がりになっております。息子を連れての旅行、片道3時間以上かかるところは全てあきらめ、2時間以上かかるところは絶対日帰りしません。かならずホテルを取って出かけております。乗換えのたびに休憩させて運んでるんですから。連続4時間なんて。おパリなんて。そんなそんな。

このお母さん、さらに
「楽勝だよパリなんて。私は娘が4ヶ月のとき連れてったけど。安いホテルに1週間くらいいればいいさ」と。

い、1週間。
たしかに、そのくらい余裕のスケジュールにしておいたほうが、旅は楽しい。
でも、どうするんだ。子どものめしは。着替えは。

ドブロヴニクに1週間いたけれど、あれはホテルじゃなくて個人の家だからなんとかなったと思う。毎朝センタクして庭に干してたし、キッチンでじゃがいもゆでてタッパーにつめて持ち歩いた。だってもう息子は瓶詰めHippはあまり食べないし、大人の食事をわけわけするだけではお腹いっぱいにはならない。

それで外出したとはいっても、一日中大人の趣味で行動することはもうできない。1歳児は公園に目ざとい。児童公園を見つけるやいなや、砂場につきあわされることになる。なんで私、花のプラハやアドリア海まで来て、砂場に1時間も2時間も・・・。トホホ。でも泣く子と地頭には勝てないのだ。
ところで地頭って誰だよ!何様だよ!ちょっと出て来いなぐってやる!何のつもりよおめーは!

ゲホゲホ、失礼。
長丁場の旅行は疲れるのだ。

その点、6ヶ月くらいまでの頃はよかった。まだ外遊びの味を知らず、母乳だけでも何とかやりすごせる時期のほうが楽だったと思う。私は知らなかったけど、ホテルによってはミルク作ってくれたりなんだかんだとチャイルドフレンドリーな所もあるらしい。(日本にも)

ああ、もっと行っておくんだったな。

7月のプラハ、8月のドブロヴニク、私は手作り離乳食まで持参しましたですよ。息子の一番好む野菜シチューを。煮沸した瓶につめて行って。空港やら機内やらで食べさせてました。

みんな、こんなして旅してんのかな、子連れって・・・。
mimula | 日々のつれづれ | 05:36 | comments(2) | trackbacks(0) |

スポンサーサイト

スポンサードリンク | - | 05:36 | - | - |
Comment
手作り離乳食…煮沸した瓶…えらいっす。見習わねば…。
私は専ら外出の際の離乳食はお湯で溶かすか瓶詰めタイプです…。

1歳になると公園って存在を認識するんですね!
すげ〜じょ豆くん!
しかし、どこに行っても砂場で1〜2時間ってのが…笑えないけどまだ自分の身にふりかかっていないので、なんだかちょっぴり可笑しい…( ̄∀ ̄*)

しかし地頭って誰なんでしょ〜?w

posted by chiezou ,2005/09/02 1:47 PM

瓶詰めタイプ、食べてくれると助かりますね。
うちはだんだん好き嫌いが出てきて、メニューによっては全然食べなくなってしまいました。
そのくせ「ハラがへったよ!ごはんはまだ?」とか訴えてくるので、困ります。
甘やかしてるのかなあ・・・。

そのうち、ちえぞうさんも公園マニヤになるかもしれないじょ〜。

posted by mimula ,2005/09/02 6:15 PM










Trackback
URL:

11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
PR
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
OTHERS