<< 白沙・こころのふれあい? | top | 何の匂い >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク | - | | - | - |

河口からラオカイへ



暑いですね。

中国話の続きです。
あ〜時期はですね、03年8月の旅のことになります。中国雲南省からベトナム・ハノイまでの旅。まだどちらの国にもヴィザが必要でした。しかもエアチケは広州往復のだったため、中国Wヴィザが必要でした。高かったです。


静かな佇まいと美しい風景の白沙村を後にし、麗江から飛行機で昆明へ。
さらに長距離バスで山を越え、谷を渡り、十数時間かけて河口へ。

河口はベトナムとの国境の町。
大通りには南国フルーツや餃子などの屋台がいっぱいです。中国語とベトナム語が混在していました。

銀行で中国元をいくらかドンに替えました。正規の窓口ではなく、待合室の隅の机に座っていただるそうなお姉さんが両替係のようです。レシートもくれません。引き出しからドン札をごっそり出し、手で数えて無造作に渡してくれます。バーター貿易のさかんなことがうかがえます。国境ムードですね。わくわく。

まるっきり中国の田舎町っぽい河口でしたが、電気自動車のバスが走っていてびっくりです。
奥地なのでガソリンを運ぶのが大変なのでしょうか。

出国審査を終え、中国を出ます。ホン河という泥川に橋がかかっていて、これが国境地帯です。

ちょっと前まで戦争してたとは思えないのどかさ。
荷物運びの人がいっぱいです。



渡りきって振り返ってみた。
手前に見えるのがベトナム側。向こうが中国側のゲートです。

さあ、ラオカイ駅までどうやって行こうか?

つづく・・・かも。時々更新します。
mimula | 旅のつれづれ | 19:06 | comments(0) | trackbacks(0) |

スポンサーサイト

スポンサードリンク | - | 19:06 | - | - |
Comment









Trackback
URL:

09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
PR
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
OTHERS